買取で失敗しないポイント

買取で失敗しないポイント 買取で失敗しないポイント 買取で失敗しないポイント

買取業界には本物と偽物を見分ける鑑定士という職業が存在します

リサイクルショップに代表される買取の業者が、中古品を一般消費者から購入する、または下取りすることを買取といいます。買取を行ってもらう際には、鑑定士が買取してもらう物への査定や評価額を決めます。鑑定士が定めた評価額に基づき、買取業者は一般消費者に金銭を出すことで、対象物品の所有権が買取業者に渡ります。

特に買取対象の物品が高額な物である場合、例えば貴金属やブランド品の鑑定をする人の事をブランド品鑑定士と呼びます。ブランド品鑑定士となるためには、資格などは特に必要となりませんが自分自身で対象ブランドの商品知識や価格などたくさんの情報を把握しておくことが重要となります。

特にブランド品というものは、数多くの類似品が市場に出回っていることもあるため、正規品か偽物かを見分ける目利きがとても重要となってきます。鑑定士は、普通経験を積んだベテラン鑑定士のもとで指導をうけます。商品によって正規品かどうかを見分けるポイントであったり、正規品でも使用状態による査定金額の妥当性など、経験が少ないと判断に迷うことが多い仕事です。

買取の多くは、買取業者の店舗に一般消費者が対象物品を持ち込む方式が多くありますが、最近では出張査定という形態も出てき始めています。

出張査定を説明すると、鑑定士が一般消費者の自宅や任意の場所に出向き、対象物品を査定するといったサービスの事です。わざわざ店舗まで出向いて査定を行うよりも、鑑定士が来てくれるので手間がかからず、簡単に下取ってもらえることで人気のサービスとなっています。普通の店舗持ち込み型での査定と、出張査定との査定金額の差はありません。鑑定士の出張費や移動時間を換算した工数分の手数料がかかる仕組みとなっています。

最近では、インターネットを使った査定サービスも人気となってきています。

インターネット上から、対象物品を指定し、使用状態や購入年月を入力することで簡易査定金額が自動算出されます。詳しいことについては通常の店舗持ち込みか、郵送で買取業者に送付するという方式で査定がされます。一般消費者が手間をかけずに下取りを行うという買取方式が最近の流行となっています。